トップページ | 連続空想劇 アマーレットのパンケーキ sono1・sono2 »

2014年2月10日 (月)

ババロア博士の見つけたもの

    今何時 ? ここには時間なんてないんだよ 時空が違うんだから・・ 

    うなつが 考えていたのは ここが何処なんてことではなくって

    だいたい何もないなんて ヘンでしょ 傍には誰もいないし

   オルレオカシワーノー って 叫んでみたんだ

    けど 叫んだ声がどっか行っちゃった 消えた? 

    空気がないの?・・ポッカリポケットの破けた穴のなかに落ちた?

    ヘン ヘン ヘーン って大声で叫ぼうとして

  急にヘナヘナと萎えてしまった

    涙がポロリ ポロリン

    膝を抱えてシクシク泣くか 

    振られた時みたいにわーっとベッドで泣き伏すか

    どうにかして! 不安だよーっ

    ちょっと待って 今 不安って言ったでしょ

    なーんだ 不安なのか だったらいつものことじゃん

    いいじゃん 単に不安なんだから

    そうだ もういい 冷静女史の振りをして クールに考えてみよう

    考えないほうが いいか そうかもね ・・ 

    でさーこういうの 自問自答とか言うんだよね

    無理に考えたりしても たぶん無駄だね

    なんか 知らないとこに来てしまったくらいなだけだよ 宇宙とかさ フン

    散歩でもしていよっ  戸惑いのワルツはウララー

 

    -------------------------------------------------

    ------------------------------------------------------

 

    博士はけったいな器械を持ったまま というか乗ったまま浮遊していた

    オオオー 何かおるわい

    実は けったいな器械はケイタイのように 

  うるるとかすかに震えてはいたのだけど

    博士の直感が 何かおる 感じがしているのだった

    うなつは思い出していた

    デジャブ・・? こんなの いつかあったっけ・・

    むかーし 家族で高原に出かけたんだ

    高原は雨 で 退屈の退屈・・・

    やっと雨がやんだので外に出て ワー 

  薄陽のさした裾野から 霧がうねうねと帯をなして昇ってくる

  リュウ 龍 ・・

  ポカーンーと見てると あっけなく リュウに足元までも包まれて

  伸ばした手の先が 龍の中に消えちゃうよ・・・

  なんか不思議で素敵!!だった

  こんな時でも 何かを考えてる

  何か は よく判らない じゃ考えてないのか それとも

  考えたい習性なんだろうか 願望だろうか

  考えておるのは 脳細胞なのか 自分なのか

  現在 とても暇 と思える

  ? 思うのは 誰だ

  おかしい 今さらこんなことを考えるなんて

  オルレオカシワーノー氏の考えを聞きたい

              NEXTへ 

  ------------------------------

  ------------------------------

     いい加減うんざりしていた博士の見つけたのは こんな所で踊ってる女子だった

     うなつは思った この人なんだか妙だけど おもしろそう

      それに旅は道連れとかって言うでしょ      

      ちょっと恐竜みたいな格好してるけど 

      そんなこと取るに足りないって 気がする

       
       テレパシーかな 通じるし

     パスカルがどうのって言ってたけど 判らないけど

     投げかけ・・?

     理解できない話には興味が沸くんだ

     楽しくなってきたみたい

     楽しそうにしてるね ここは何処だと思う?

     どうしてババロア博士なの? ババロアじゃなくてバビロニアじゃなーい?

    ふたりのエスケイプ            

    おんなじだね

     静かだね
    
    何かが何かだね
            
   ムカムカ イライラ
            
   そうだ あのさ
          
   普通A駅からB駅まで行くでしょ
 
  ここからあそこまでって感じで
 
   われらの場合 A駅もB駅もないんじゃないの?
 
   ここがどうなのか あそこが何なのか
 
   焦点が定まってないってわけだ
 
   何故エスケイプしようとしたか
 
  そこに何かがありそうだ
 
   なぞなぞだね
 
   もう一度考えてみよう
 
    だいたい此処は何?
 
    われらにとって 非日常と言えないかな?
 
   お腹も減らないし 息してるって実感もないし
 
   最近 ふたりっきりだし
 
    ふだんとは ぜーんぜん違うよね
 
     不自然とも言える
 
    いや そうじゃなくって
 
   やはり 非日常と言うのが
 
    ぴったしなんだ
 
    もしかしたら
 
    いつもくだらないって感じてたから
 
    未来とかに 別の何かを 望む・・
 
    希望とか 理想とか
 
    それが日常化し過ぎては
 
    もしかしたら いかんのだよ
 
    ここは あくまでも非日常エリア
 
   イレギュラーなんだね
 
   もしかしたら アップルパイを食べたいと思わないかい?
 
   ババロア博士によると
 
   日常とは アップルパイを食べたいと思う事 らしい
 
    ババロア博士のけったいな器械に乗ったふたりは とりあえずエスケイプ できなかった
         みたい・・
 
    人生にとって ラッキーカードはかなり重要なんだよ
 
     うなつくんのラッキーカードだよ・・見えないけどね
 
          つづきは いつかまたね  

class="mb">Dora3b

トップページ | 連続空想劇 アマーレットのパンケーキ sono1・sono2 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2008892/54938588

この記事へのトラックバック一覧です: ババロア博士の見つけたもの:

トップページ | 連続空想劇 アマーレットのパンケーキ sono1・sono2 »