« カメレオンの呪文3 | トップページ | カメレオンの呪文5 »

2016年7月 8日 (金)

カメレオンの呪文4

どうでもいいけど やっぱり妙だ
そうさっき 奴の飛ばした唾は どこだ
宙に消えた? そんな・・
ぷっという音と でこにぺっちょっと
くっついた感触 だけがしばらく残留!
”妄想だろ?いつもの”
友人のメールは全くそっけなく
ほぼ本気になんかしてくれない
やっぱりなー
この日 得体のしれないコウフンが
なまぬるいまま 存在し
アニメなムードで終了した
次の日 朝起きたら 幻想は継続中
なんと 
ヤツは いた
目玉をくるんくるん回しながら
辞書を解読中らしい
”ワカルノレス!”
おかしな喋りかただ
”オカシイモオモシロイ・カライイノ!!”
もしか やっぱり 予知能力?
俺はたぶん 浮き浮き気分だ
が 奴の不思議を見ていると
時間が短くなってしまう
形容詞で言うと”カシコイ”のこの異星人には
名前がない
”とりあえずうーん レオンじゃどう?”
たぶん答はノー 又はどうでもよさそうだ
勝手にカメレオンなんて思うから変なんだ
宇宙人と思えばいいのかも
俺にテレパシーを送っているのか?
音楽もつけずに集中してみる
が 駄目だ 無駄だ
奴は俺のする事にいちいち反応している
観察されてるのは 明らかに俺のほうだ
そうして”コノジンルイハボンジンら”
と 記録されてしまうのか?
俺は居心地が悪くなったのか わからん!
  カメレオン座  南天の小星座
          日本からは見えない
俺は観念的なのか なにかを決めたがる
辞書なんかに載ってる訳ないと考えつつ
決めて落ち着こうとしている
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« カメレオンの呪文3 | トップページ | カメレオンの呪文5 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2008892/66401518

この記事へのトラックバック一覧です: カメレオンの呪文4:

« カメレオンの呪文3 | トップページ | カメレオンの呪文5 »